長女(6) 作

年長さんの長女が手縫いしたピンクッションです。


冬休みには毛糸用のとじ針を使って波縫いを数回手ほどき…

幼稚園でも縫い物の時間があったらしく、
先日の参観日にも、先生と一緒にチクチクやっていたっけ。


今日は帰宅するなり、
『ふえるととぬのとわたといととはりをかして〜』
(平仮名ばかりで読みづらいね)

というので、
お手並み拝見してみました。

普通の針への糸通しにてこずっていましたが、
途中で放り出すことなく40分くらいで完成\(^O^)/

針目が、とか、よそ見ダメ、とか、言いたいことが山ほどありましたが、
温かく見守れたほうかな(笑)


かくいう私も、母が手芸好きなのが多分に影響しているわけで…

私が娘を連れて材料探しに出歩くように、


私も母に旧うすいの地下の手芸用品売り場にしょっちゅう連れて行かれました。

母ちゃん、多趣味というか道具が揃うと満足するタイプだったのかな(笑)
長く続いてるのは無いや


現在母は、ビール瓶のフタに布を貼ってパッチワーク風鍋敷きを作るのと、古布でバッグを作るのにハマっている模様…


そのうち娘達と一緒にチクチクする日が楽しみだなぁ♪